海外旅行で北欧に行く場合言語や気候などの情報を知っておこう

言語やマナーなどは少しでも知っておくとベター

ヨーロッパの中でも、比較的多くの自然が残っているところが北欧の地域になります。ノルウェーやスウェーデンそしてフィンランドと呼ばれるところがこの地域に当たります。これらのところに旅行に行く日本人は多くありませんが、実は様々な魅力あふれる観光地と言えます。ただ現地に行くにあたり、しっかりとした言語やマナーなども守っておくことが必要になります。

まず、言語についてはそれぞれ独自の言葉がありますがバルト三国やれば多くの人が英語を話していますので、英語の基本的な知識があれば楽しむことができます。町じゅうの表記なども英語で記入されていることが多くありますので、基礎知識さえあれば問題ありません。基本的なマナーとしては、チップなどの風習がありませんので日本と同じように過ごしても問題ないでしょう。もちろん、街を汚したりするのはマナー違反なことは言うまでもありません。

気候はどのような感じなのか

海外旅行にするにあたり、気候が気になるところですが、北欧の気候いったいどのようになっているかといえば基本的に日本と同じ北半球にありますので日本が冬ならば北欧も冬になります。一方で日本が夏の場合でも北欧は夏ですが、それでも気温が低い傾向にあります。冬場の気温は氷点下になることが多いですので、防寒着などをしっかり着用していかなければなりません。これに対して夏場でも30度を超えることはまずありませんので、長袖など着用していった方が確実です。現地で洋服なども購入することができますが、サイズの違いなどに注意しなければならないところです。

バイザポートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です