秋に青森の湖で紅葉狩りをしよう!夏なら涼しい滝への散策がいい!

青森県の湖で紅葉を楽しむ

四季の変化によって自然もどんどん変化していきます。秋になると紅葉を楽しめる地域も増えてきますが、紅葉は寒いところからどんどん進んでいくので、寒い地域に旅行をして楽しもうとするなら地元より早めに行く計画を立てないといけません。青森県内のとある湖も紅葉の名所として知られていて、ピーク時には周辺の紅葉が湖面に映ってさらに鮮やかな景色が見られます。年によって多少前後しますが、10月中旬位から下旬ぐらいに行くと良いかも知れません。遊覧船に乗れば紅葉の中にどっぷりつかった気分を味わえます。こちらの湖に訪れるなら是非食べたいのが湖の幸でしょう。ヒメマスやワカサギなどが生息していて、焼き魚やお刺身などが頂けるお店もあります。

横幅の広い滝からマイナスイオンをもらう

マイナスイオンを日常生活で浴びる機会は少ないかもしれません。マイナスイオンは自然が多いところに多いとされ、特に滝の近くなどで沢山発生するようなので訪れてみると良いかも知れません。青森県にもマイナスイオンがたっぷり浴びれそうな滝があるので、夏等に訪れてみると良いでしょう。滝といえば幅よりも落差が大きなイメージがありますが、こちらは幅20メートル落差7メートルの横長タイプの滝です。近くには観光名所の湖もあるので、一緒に散策をするといいかも知れません。東北地方でも夏になるとそれなりの暑さを感じますが、滝の付近は日差しなどが入りにくくなっていて非常に涼しくなっています。水の流れの音などがさらに涼しさを運んでくれ、気持ちいい時間を過ごせるでしょう。

バイザポートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です